オルニチンと副作用

オルニチンによる健康への良い影響は、肝臓のケアや疲労回復などが知られていますが、逆に副作用などはあるのでしょうか?
オルニチンのサプリメントについて、口コミサイトを見てみると以下のような意見が挙げられていました。
・カプセルを服用した後の就寝中に体のこわばり、筋肉の痛みで目が覚めました。
・口の渇きを感じることもありますが、胃腸への障害はありませんでした。
・お通じが良くなるが、良くなりすぎてトイレに頻繁に行きたくなることもある。

これらの意見についてですが、いずれのユーザーもオルニチンだけでなく、何種類かのサプリメントを同時に摂取しています。
そのため、本当にオルニチンによる副作用なのかはよく分かりません。
そもそも、オルニチンに対する副作用は今のところは無いと言われていて、サプリメントなどを販売しているメーカーのサイトを見ても、副作用についての注意事項などは記載されていません。

オルニチンはだいたい400mg以上補うと良いと言われていますが、上限は1000mgほどが目安と考えられています。
もし、しじみからオルニチンを摂る場合、100gのしじみに含まれているのは約15mgほど。
1000mg超えるほど食べることは現実的にはありえません。

オルニチンを凝縮したサプリメントを一度に摂取した場合、胃腸がびっくりして、まれにお腹が痛くなることがあるようです。
しかし、どんなサプリメントにも共通していえることは、栄養素は過剰に摂取しすぎてもそのすべてを体で生かせるわけではありません。
一度にたくさん摂るよりは、決められた目安量を毎日続けることが大事です。

また、副作用ではありませんが、サプリメントやカプセルを形作っている他の成分へアレルギーなどがある人もいますので、特定アレルギー表示を確認して、該当の原料を使っていないかチェックしたり、心配な方は医師に相談してから服用を始めると安全です。
投与することで悪い影響がないか調べている医薬品メーカーもありますので、厳しく管理されている会社のものを選ぶのも安心できるポイントだと思います。
こちらのしじみの解説サイトも合わせてご覧ください。