ダイエットとオルニチン

ダイエットといえば、汗をかきながら運動をして、ツライ食事制限をして…とイメージしがちですが、違うアプローチでのダイエットをしませんか?
普段あまり意識をしませんが、実は「肝臓」がダイエットには重要で、字の如く痩せるための「肝」の部分となります。
そもそも肝臓の役割についてまずは考えてみましょう。

大人の肝臓は1kgから1.5kgもあり、人体の中で最も大きな臓器です。
その肝臓では以下のような仕事を担っています。

・代謝
食べ物で取り入れた糖や脂肪、タンパク質などを体内で使うための形に変換して貯蔵し、必要となったらエネルギーとして供給します。

・解毒
外部から取り込まれた、お酒をはじめとしたアルコールや薬、老廃物といった、体にとっては有害な物質を、体に影響がないレベルまで分解し無毒化します。

・胆汁の分泌
解毒によって作られた老廃物を流す胆汁を生成して分泌することで、溜まった脂肪の消化吸収を助けてくれます。

このような働きをするのが肝臓ですが、現代人の食生活では、肝臓に中性脂肪が溜まっている「脂肪肝」の方が非常に多いのが現状です。
脂肪肝は食べ過ぎやアルコールの摂りすぎが原因で、「解毒」の仕事量がオーバーしてしまい、うまく働かない状態になります。
すると、食べ物から取り入れた栄養素を変換したり、老廃物を流すための胆汁の生成も鈍くなってしまいます。
結果、ますます脂肪を溜めこんでしまう悪循環が始まってしまうんです。

そこで、痩せたいならばまずは肝臓のケアから始めるのがダイエットの正解です!
ダイエットのためにサプリメントやドリンクを飲んだところで、肝臓の機能がまだ回復していませんから、あまり意味がありません。
肝臓を労わるために、一日3食の規則正しい食事を行い、脂肪分を摂りすぎないようにして、アルコールを控えます。

そして、肝臓の働きを助けるためにオルニチンなどの栄養素を補いながら、肝臓の回復を待ちましょう。
オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓の働きを助けてくれます。
オルニチンで肝臓が正常に働くようになれば、老廃物もきちんと流れるようになるため、特別なことをしなくても、ダイエットに繋がります。

流れが良くなってすっきりした!と実感できることは、体重が減ることよりも重要です。
ダイエットの肝である肝臓のケアを行って、痩せやすい健康的な体をキープしましょうね!